【コラム】最短最速で腹筋を割る為に腹筋を鍛えるべきか?? - Body make gym HEX(ヘクス)

NEWS

お知らせ

【コラム】最短最速で腹筋を割る為に腹筋を鍛えるべきか??

大阪の北浜・天満橋にあるパーソナルジムBodymake gym HEXパーソナルトレーナーの楠田です。

このコラムページでは様々な方のダイエット・ボディメイクをさせて頂いた経験を基にカラダ作りについての知識を書いています。

今回は腹筋を最短で割るには何をするべきなのか??そんな内容についてです。

とにかく綺麗な割れた腹筋を一度手に入れてみたい。腹筋を割る為には腹筋を鍛えたらいいと思って最近腹筋運動をかなり頑張っているけどあまり効果を実感できていない。最短で割る為には何をすればいいのか知りたい。何をどれくらい頑張れば割れてくるのかも教えてほしい。

本記事の内容

・腹筋を割る為には体脂肪率を落とすことが最も重要。

・筋肉を残しながら脂肪を落とそう。

・15%以下を目安に取り組んでいこう。

腹筋を割る為には体脂肪率を落とすことが最も重要

まず結論ですが、腹筋を割る為にするべきことは腹筋を鍛えることではなく体脂肪率を落とすことです。

なぜなら、ヒトのカラダは筋肉の上に脂肪がのって出来ているからです。

実は誰でも腹筋は割れており、お腹の脂肪が腹筋の形を隠して見えなくしてしまっているということです。

筋肉量が少なすぎると脂肪を落としても腹筋を落とすことが出来れば割れている腹筋を手に入れることが出来ます。

腹筋を鍛えるのが腹筋を割ることに直結しそうですがそうではありません。どれだけ腹筋を鍛えて大きくしても上に脂肪が載っている以上綺麗に腹筋が割れることはありません。

誰でも腹筋は割れている。体脂肪率を落としてきれいな腹筋を手に入れましょう。

筋肉を残しながら脂肪を落とそう。

体脂肪率を落とすためには筋肉を残しながら脂肪を落としていく必要があります。

体脂肪率とはカラダの中で脂肪が占めている割合の事を言います。つまり、体脂肪率が下がるという事は体の中での筋肉の割合が高まるという事です。

では、カラダの中の筋肉の割合を高めていくために何をしていく必要があるかというと、それが筋肉を増やしながらもしくは残しながら脂肪を落としていく事になります。

筋肉の量が変わらないもしくは増えているのに体重が落ちていけば当然カラダの中での筋肉の割合が高まっていきます。

体脂肪率を落とす=筋肉を減らさず脂肪を落とすこと

ではダイエット中筋肉を減らさずに脂肪を落とす為に具体的に何をしていけばいいのか話していきます。

筋肉を残すためにすべきこと

筋肉を残すというと少し難しいように聞こえるかもしれませんが、体重を落していく中で筋肉を残していくという事はカラダの中での筋肉の割合を高めていくという事です。

筋肉を増やしていく際と行う事は変わりません。

そして、筋肉を増やすために必要な事は筋トレとタンパク質の摂取です。

徐脂肪体重(体重-脂肪)×2gのタンパク質を摂取しながら、週2回を目安に全身の筋力トレーニングを行っていきましょう。

脂肪を落とすためにすべきこと

では次に脂肪を落とすために何をしていけばいいのかについて説明していきます。

大前提として脂肪を落とすためには

の状態を作り出す必要があります。

そしてこの状態を作るためには消費カロリーを大きくするための有酸素運動と摂取カロリーを小さくするための食事制限が必要となります。

有酸素運動といっても必ずしもランニングなどをしなければならないわけではなく、普段の歩数を増やす工夫をすることで消費カロリーを継続的に高めていく事が出来ます。

今の一日の平均歩数をアプリで確認しそこに目安として+3000歩していけるようにしてみてください。

現状の消費カロリーよりも少しでも高いカロリーを消費してあげることで体重に変化を起こすことが出来ます。

食事に関しては、1g当たりのKcal量が9kcalと最も高い(糖質と脂質は4kcal)脂質をなるべく抑えた食事を行い摂取カロリーを抑えていく工夫をしていきましょう。

体脂肪率を落とすために、筋肉を減らさず脂肪を落としていきましょう。筋肉を減らさないために筋トレとタンパク質の摂取・脂肪を落とすために脂質制限と有酸素運動を頑張りましょう。

15%以下が目安。

これはあくまで目安にはなるのですが、もともと腹筋が見えてなかった人の腹筋がうっすらと見えだすのがだいたい15%を切ったあたりであることが多いです。

最近は男性・女性関わらずきれいな腹筋を手に入れる事を目標にトレーニングを頑張っている方が多いように思います。

実際ジムに来られる方で腹筋を割ることを目標にしている方も多く腹筋が割れてきたことを報告頂くことが多いのですが、だいたい15%を切ったあたりで割れてきたというお話を頂けることが多いです。

ですので、最短で腹筋を割る=最短で体脂肪率を15パーセント以下に落とすことと言い換えることが出来ます。

そして、繰り返しになりますが体脂肪率を落とすためには筋肉を残しながら脂肪を落としていくことが重要となります。

それでは、今回の記事は以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Page Top